コンセプトが少しずつ固まってきました。


キーワードは、

「自然派ワイン、日本ワイン」
「こだわりの日本酒」
「量り売り」
「ここちよい空間」

私たちは「よい」モノを扱うお店で、「まちの酒屋」でありたいと思っています。
全て自分たちで飲んだり食べたりして、「よい」と思ったモノだけを取り扱います。
毎日の暮らしの中でちょっとした満足感を得られるモノを取り扱います。


私たちが考える「よい」ワインやお酒や食とは、

食品なら、例えば自分のこどもに安心して食べさせられる。なるべく農薬や化学肥料を使用していないモノを中心に扱います。なるべくです。目指すところは毎日のちょっとした喜びが感じられるようにすること。100%有機栽培、無農薬だけの取扱いはしません。それでは疲れてしまうし、それに酒屋ですので、酒もタバコも取り扱っていますので。


暮らしの中でで感じるちょっとした満足感をお酒と共に。

醤油や塩や味噌などの調味料を少しこだわりの商品にしてみたり、毎日使うお皿をちょっとお気に入りのお皿にしてみたり、かっこいい酒器でお酒を飲んでゆったりとした時間を過ごしたり。暮らしの中でで感じるちょっとした満足感をお酒と共に提案できるお店。

こんな感じのお店が作れたら楽しいだろうなー、と思っています。



コメント

このブログの人気の投稿