こんなワインを並べます。自然派ワイン その②


「自然派ワイン」て一体どんな味がするのでしょう。

「自然派ワイン」は身体にやさしい味わいがします。すごくあいまいですが、ぶどう本来の味わいを感じる事ができて、身体に染み入り、美味しく飲める感じです。翌日も頭が痛くならない事が多いと言われています。酸化防止剤の添加が少ない事がその理由と考えられていますが、解明されていません。(もちろん好き嫌いはあると思います。)

農薬や添加物を使っていないため、食の安全の面からも安心感があります。また、持続可能な農法で栽培されている為、生態系を守る事に貢献できている満足感を得ることができます。

大型で重量級のトラクターを使用すると、土が踏み固められ、土壌が固くなってしまいます。自然派の生産者達はそれを嫌い、非効率でも昔ながらの農法である「馬」と共に畑を耕します。「自然派ワイン」のぶどうの土壌はふかふかな土で微生物がたくさん生息する土壌です。そのような土壌にはミミズが生息し、また化学肥料や除草剤を一切使用しない畑にはてんとう虫などが飛んできます。

「自然派ワイン」はラベルも可愛いものが多いんですよ。


コメント

このブログの人気の投稿