こんなお酒を並べます。日本酒 その② 埼玉のお酒



埼玉県の日本酒の出荷量、全国第4位なんです。あまり知られていませんよね。実は埼玉は地酒王国。酒蔵は35蔵あります。

僕たちは川越の酒屋なので、まずは埼玉県産のお酒にこだわりたいと思っています。時間がかかるかもしれませんが、一軒一軒訪問させていただいて、造り手さんの想いをしっかりと聞かせていただきたいと思っています。

このあいだ早速「鏡山」さんにお邪魔してきました。川越にある唯一の酒蔵です。「鏡山」は1875年創業ですが、惜しまれつつも2000年に一度その歴史に幕を閉じました。しかしその後、復活を望む声と関係者の努力が実り、2007年に「小江戸鏡山酒蔵」として、新たなスタートを切りました。新たな酒蔵が誕生するのは異例な事だそうです。

今回お話を聞かせていただいた五十嵐さんは、埼玉県の酒造好適米「さけ武蔵」で最高の酒を造りたいんだ。と熱く語ってくださいました。鏡山が川越の自社田からとれる「さけ武蔵」を使用して造る渾身のお酒。埼玉県にこだわったお酒です。

酒屋としてこんなお話をお伝えしたいと思っています。


コメント

このブログの人気の投稿