ブランディングについて考えてみました。



プライスカードを新しくひとつひとつ作り直そうと思っています。大きさを統一したり、店舗のロゴを入れてみたりして。店全体の統一感を出すためには、同じテイストのプライスカードが良いです。パッと見て、違和感なくなんかカッコイイな、と思ってもらえるようにしたいです。

レジ袋や紙袋、ギフトボックスなどは、新しい袋や箱も用意します。でも使えるものは使いたい。日本酒の箱なんかも余っているのがたくさんあるんです。今使ってるものを簡単に処分せずに使える道はないものかと考えていて、ひとつ良い案を見つけました。(完成したらここで報告します。)

新しくカッコイイものを使いたい気持ちはあります。でも捨てられるものに価値を加えて、「カッコイイな」と思ってもらえれば嬉しいです。それが古材や廃材を使って空間を造る新しいうちのお店であったり、リユース可能な瓶を使って量り売り生ビールをやっていたりするうちのお店のブランディングに繋がるのではないかな。


★写真は量り売り生ビールの機械




コメント

このブログの人気の投稿