こんなワインを並べます。日本ワイン


「国産ワイン」=「日本ワイン」ではありません。

「日本ワイン」とは、日本産ブドウのみを使用し、日本国内で醸造、瓶詰めされたものの事を言います。

「国産ワイン」とは、海外から輸入されたブドウや濃縮果汁及びワインを原料としたものであっても、国内で醸造あるいはブレンドしたものであれば法的に国産ワインを名乗ることが許されています。アルゼンチンやチリからブドウ果汁をタンクで輸入して、日本国内で瓶詰めすれば「国産ワイン」と言えるのです。なんかおかしいですよね。

高温多湿の日本ではワイン用のブドウの栽培が難しいとされ、長い間世界でも評価はされていませんでした。しかし近年は、山梨を筆頭に、世界のコンクールでも賞を獲得するワイナリーがどんどん増えてきています。ブドウの栽培から醸造まですべてを手掛けるワイナリーもどんどん増えてきており、まさに今、日本ワインの黎明期といえる状態です。

うちのお店で買った「日本ワイン」が美味しかったから、今度そのワイナリーに行ってみよう。と気軽に行けるのも「日本ワイン」の魅力です。輸入ワインではなかなかできませんよね。ワイナリーでその土地の食事と合わせて飲むワインって本当に最高なんですよ。

ワインツーリズム計画します。いつもそんな楽しい提案ができる店にします。



コメント

このブログの人気の投稿